TOP > 再生染め

私たちは日々たくさんのものを捨てて生きている。
「用済みになったから」「邪魔だから」というのが言い分だが、捨てられる側に立ってみると、それは人間側の都合でしかない。それらのものたちはまだ、過去から現在、そして未来へと続いていく物語を生きている途中かもしれないのに。私たちにできることは、せめてそれらの物語の続きを衣類の中にすくい上げてみることだ。
たとえば私たちにゆかりの深い、北フランス、パ・ド・カレ地方。かつて炭鉱で栄えたこの一帯も、今やあちこちで工場が廃墟となり古びた煉瓦が打ち捨てられている。その煉瓦を砕いて染液を抽出すると、かの地の土壌特有の鉄分と、かぐわしい植物の精気が入り混じったような芳香なアロマが立ちのぼって、私たちをはっとさせる。封印が解かれ、音楽が流れだすように。物語は終わっていなかったのだ。
ほかにも北海道の白樺や、生育盛んなティーツリーの茎や葉、梅干しの種。もはや役目を終えたとばかりに誰も気にも留めなくなってしまったものを集めて、染めに生かしてみた。染め上りは、どれも写真には写し取れない複雑な奥行きのある色。自然光の下と室内光の下で、それぞれに違う表情を見せる、揺らぎのある色。
その多面性は、風土に培われた記憶の豊かさなのかもしれないと思う。聴く耳を持とうとする者だけに聴こえる、かすかだけれど饒舌な声がそこにある。
再生染めをまとい、その声に耳を澄ませてみたい。

煉瓦染め

パ・ド・カレ地方の煉瓦を使ったブリック染め

フランス、パ・ド・カレ地方。ドーバー海峡に臨み、フランス国内でも有数の日照時間、安定した降水量など環境に恵まれる地域。豊かな自然と資源を生かし、特に盛んだった炭鉱により18世紀半ば頃からのフランスの産業革命を支えた。産業の発展と同時に、その地には人々の歩みも深く刻まれている。現在もなお、鉱山での労働者たちやその家族が暮らしていた集合住宅や教会、学校などが多く残る。その多くは頑丈な煉瓦造りで多くの人を優しく包み、見守り続けてきた。
そんな古くからある街に残る、歴史と人々の想いが刻まれてきた煉瓦を砕いて使用し、生地を染める。ブリック染めをした生地は、煉瓦を感じる赤みのあるブラウン。
服となって甦り、人に寄り添い、新たに歴史を重ねていく。

白樺染め

北海道の白樺染め

寒冷地を好み群生する白樺。その生長は速く、山火事や山崩れなどで荒れた地を パイオニアツリーとして短期間で緑地へと変えていく。 最大の特徴ともいえる白い樹皮はあたりを明るくみずみずしい雰囲気へと導き、人々から親しまれている。 美しさの反面、他の樹木と比べると根が浅く寿命が短い。それゆえ、寿命を終えた白樺の倒木や間伐後に放置されることにより引き起こされる周囲の植物や環境への影響など問題も起こりつつある。
北海道の地で古くから親しまれている白樺が生み出す、ほのかな温かみのある絶妙な色合いは、冬の寒さを和らげてくれそうな優しさを放つ。 白樺とともにその地に暮らす人々に、敬意と思いを馳せて。

ティーツリー染め

ティーツリーは幹を切り倒しても2年後にはまた伐採できるほどに成長する、非常に生命力が強い植物。
何千年も前からオーストラリアの先住民族アボリジニは、ケガや皮膚の治療などの傷薬の万能薬としてこの葉をつぶして患部につけ上から粘土パックで覆い、この薬効をうまく利用してきた。
葉から得られる精油には強い殺菌・消毒作用があり、第二次世界大戦中には負傷した兵士に使用したという歴史もある。
反応染めの染料にティーツリーの茎、葉の抽出液を分けて染色。グリーンは葉、アイボリーとベージュは茎を使用した。

梅干し染め

ディレクターの須田が、和歌山県の工場さんからいただいた梅干しで作った焼酎を飲み干した時に思い付いた、梅干し染め。 ゴミとして捨てられる運命の物でも人間の使い方考え方一つで生まれ変わる。 「この種でも染めれるのかな」のちょっとした閃きから始まりました。 梅炭は本来捨ててしまわれる梅の種と、紀州備長炭を使用しハイブリッド染め。

One piece_4089 / 42,900yen (Umeboshi Seed+Sumi dyeing)

紀州備長炭染め

紀州備長炭を染料として染めた上に、コールドダイという手法で染めた。 コールドダイとは、染色中に熱を使わずに染めの時間と温度をきめ細かく調整し低温で染色し、 固着させるため、通常よりも高めの乾燥温度で乾燥させる。 その特殊な手法により独特なムラ感ある染まり方になる。 通常よりも小さい窯を使用しているため限られた量しか生産できず、極めて希少なもの。 染料の原料である紀州備長炭には、抗菌性、遠赤外線放射、マイナスイオン効果などの優れた性質がある。

Jacket_3063 / 49,500yen
One piece_4089 / 42,900yen (Sumi dyeing)
Skirt_7050 / 31,900yen

ORDER NOVELTY EVENT

Part1. 2020.9.16(Wed)18:00 - 30(Wed)23:59
Part2. 2020.10.21(Wed)18:00 - 11.3(Tue)23:59
Part3. 2020.11.18(Wed)18:00 - 30(Mon)23:59

9月・10月・11月の3ヶ月連続でスタンプラリー形式のオーダーノベルティイベントを開催いたします。
イベント期間中、お買上げ金額11,000円(税込)ごとに1スタンプ。
10スタンプを揃えますと、パドカレオリジナルショッパーオマージュバッグ、またはオリジナル木の実柄折り畳み傘をプレゼントいたします。

@パドカレオリジナルショッパー オマージュバッグ Aオリジナル木の実柄 折り畳み傘

※ オンラインストアでは、実物のスタンプカードはございません。
※ 全国のパドカレ店舗で開催いたしますが、オンラインストアと店舗ではスタンプの合計はできません。
※ 会期中のスタンプ集計は弊社で行い、第3回目開催後の12/1(Tue)に対象のお客様にご希望ノベルティをメールにて伺います。
ご返信をいただけない場合は、弊社にて決めさせていただきますのでご了承ください。
※ノベルティはオーダー後の製作となるため、お渡しが2月下旬となります。


PICK UP

ピックアップ
  • 【POINT10%】ラクーン プルオーバー

    ¥ 31,900

  • 【POINT10%】キュプラレーヨンカットジャカード スカート

    ¥ 39,600

  • 【POINT10%】ウールリネンへリンボン コート

    ¥ 53,900

  • 【POINT10%】アルパカ柄編みクルーネック カーディガン

    ¥ 25,300

  • 【POINT10%】《オンライン別注》無撚糸裏毛スリット プルオーバー

    ¥ 19,800